のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
中小企業診断士
ネットワークスペシャリスト
情報処理技術者試験
デザインパターン
ラリー
仕事
自転車
会社
バスケ
カート
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本を手帳で買う。

あえて言おう。私のおこづかいは今2万円です。

2万円では本当に節約しないと一月もちません。
一方で、今は診断士の勉強を始めたことがきっかけで、色々と本を読まないといけないと思うようになりました。脳みそを鍛えるべく、「投資」をしてやらないといけません。



(勉強を始めると本が読みたくなるのは私だけじゃないはず。たぶん、脳をよく使い出すと活性化してきて色々なことを考え始めるからじゃないかと思っています。)

そこで、私は「手帳」を使い始めたので、本屋に行ったときは読みたそうなタイトルが見つかったら(なんかピンとくるタイトルが見つかったら)、片っ端から手帳にそのタイトルをメモすることにしました。その場では買わないことにしたのです。

理由は二つあって、ひとつは衝動買いによる支出を減らすこと。「一冊の~」を書いたGMOの熊谷氏は、買いたい本があったら片っ端から手に取り買うという習慣をお持ちだそうですが、財力なしにはそれはできません(そんなことができたらどんなに楽しいかと思うけど)。
二つめは、本屋で見つけた書籍は実は古本屋(良く行くのはブックオフ)にあるかもしれないということです。
古本屋に行くとなんかいい本ないかな~と漫然と探すことがありますが、はっきりいって何を探しているのか分からないのに何かを探すという行為は時間の無駄だと気がつきました。
しかし、手帳に買いたい本をずらっと書いておくと、それをみながら探すことになるので目的を持って探すことができ、時間が節約できるだけでなく探すことに集中できるようになるのです。
欲しかった本が古本屋にあれば、当初の金額よりも安く手に入れることができるため、こづかいの少ない私にとってはとても有効な技と思えます。

ただし、明らかに出たばっかりの新しい本の場合は、毎月の本に投入するお金の量と相談して、手帳の中で優先度をつけて新書で購入することを考えています。
お金をけちって有益な情報を逃がしたりしてしまうのはもったいないですから。

ひとつ問題があって、本棚を作らなければそのうち本で家があふれかえるということです。
そもそも、今現在新しい本を入れておくような本棚がありません。
手にとってすぐ読める、そういう状態にしておかないと余計な時間を費やす羽目になりそうです。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-01-27 01:53
<< 企業診断2月号。 財務会計の講義だけ終了。 >>