のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


EclipseとUMLエディタ。

クラス図やシーケンス図をもっと簡単に効率よく描く方法はないものかと思って色々調べたところ、無料で機能満載なのはおそらくeclipseにUMLエディタをPluginしたものやつだろう、ということでお休みを利用して調べました。



インストールしたエクリプス:Eclipse 3.0.1
eclipse-SDK-3.0.1-win32.zipをダウンロードしてきて展開するだけ。
とりあえずこれで英語版だけどEclipseが使えるようになります。

日本語環境:Language Pack 3.0.x
(1)NLpack-eclipse-SDK-3.0.x-win32.zipをダウンロード
(2)eclipse展開先のfeatureフォルダとpluginフォルダにコピー
(3)eclipse.exeのショートカットを作成し、-cleanオプションで再起動

UMLエディタのプラグイン:omondoのEclipseUML
(1)EMFのプラグインをインストール(手順は同じようにfeatureとpluginフォルダにコピーするだけ。emf-sdo-xsd-SDK-2.0.1.zip)
(2)GEFのプラグインをインストール(同上。GEF-SDK-3.0.1.zip)
(3)UML2 1.0.1のプラグインをインストール(同上。uml2-SDK-1.0.1.zip)
(4)自動インストールというものを行う。
 まず、jarファイルをダウンロード。
 次いで、コマンドプロンプトからjava -jar eclipseUML_E301_freeEdition_2.0.0.beta.20041026.jarとたたくと何やらウィザードぽいダイアログが出てくるので、促されるままにインストール。
⇒これでようやく使えるようになった。

ちょっと使ってみたところ、なかなか良いかもしれない。明日もうちょっと触ってみます。
当面フォワードエンジニアリング、リバースエンジニアリングには興味がないので、UMLの図を描くのが簡単かどうか評価してみるつもりです。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-03-24 03:35 | デザインパターン
<< Templateパターン。 BOOK OFFのセール。 >>