のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
中小企業診断士
ネットワークスペシャリスト
情報処理技術者試験
デザインパターン
ラリー
仕事
自転車
会社
バスケ
カート
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


けったは歩道へってまじかよ。

CYCLIFEたかのさんからトラックバック。

自転車通勤、こんなに楽しいのに、歩道へ上げられてしまったらかなりつらいものがあります。
歩道は人が歩くために作られていて、自転車や車椅子が楽に行き交えるようにはできていません。段差はひどいし、ガードレールは無理やり横断歩道へと曲げられているし、ごつごつとしたレンガ道などロードレーサーには厳しいし(桜通の歩道をデザインした人はホントかんべんしてほしい)。
まして、歩道を歩く人は自転車が邪魔だろうし、自転車だっていつ人を轢いてしまうかも分からない歩道になど上がりたくはないものです。(自分がある程度のリスクを犯して車道にいた方がまだまし)歩道だと安心して、右も左も確認せず飛び出る人がなんと多いことか。
自転車が原チャリ並にスピードが出るということを認識していない人が多すぎます。
(もちろん私は歩道ではそんなスピードを出すような危険を冒したりしませんから、事故など起こしませんよ)

しかし、車道を走るのもかなり危険を伴うことも否めません。法律改正を考えるのも一理あるのです。
たとえ自転車用レーンが引かれていたとしても、駐車スペースだと考える輩は大勢いるでしょう。今の日本では自転車の文化に対する意識が低くて、事故を防ごうと思ったら自転車・人・車を差別化するよりも車とその他に差別化するのが簡単で合理的に思えてしまうのでしょう。
しかし、自転車を歩道にあげても車道オンリーにしても、相変わらず危険を伴う乗り物であるわけで、自動車事故から自転車対人の事故に置き換わるだけな気がします(我々にとっては加害者となるだけに気が重いです)。
車を運転する人は邪魔な自転車が車道からいなくなってせいせいするのでしょうけど・・・

基本的に違法駐車がなくなるだけでかなり車道は安全になるのですが・・・。
(合法駐車でも自転車レーンを引く余地は全く考えられていませんがね)

どうなるかしばらく注目です。
この法案?が不成立となり、これがきっかけとなって自転車・人・車のことをちゃんとみんなが考えられるようになれば逆にメリットになりますね。

今年はけったフェスタに顔を出してみようかな?
[PR]
by tsuyodrive | 2005-06-03 01:39 | 自転車
<< ロングツールスタートを見送り。 一次試験の願書郵送。 >>