のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


不動産投資。

前から考えているのですが。
マンション投資基礎からはじめるマンション投資
利回りは新築マンションで5%~6%、中古は10%以上でないと誰も見向きもしないとか。
※私このページを見て、複利計算の方法を調べたりしました。
 んで公式を見てもよく分からないので数列を使って公式の導出をしてみたり・・・。
 久々に等比級数の公式を思い出しました。
 高校数学はお金儲けのためにあるんだよと教えてくれればみんな目の色を変えてやるでしょうねぇ。(目の前の公式だけ見てうんざりする人は多いはず。なんのためにこんなことやるんだ、と。・・・学問に対する純粋な気持ちだけ求めてもらっても困るというか)

銀行に預けておくだけだと利回りは0%ですが、ちょっと運用するだけで毎月のおこづかいとか、いろんなぜいたく品が少し手に入りやすくなるというのはいいですよね。
マンションはここ名古屋でも乱立状態で、需要と供給のバランスはどうなんだろうと思うこともありますが、駅前徒歩1分~3分で名古屋市中心街とかなら借り手が途絶えることはないかもしれません。
家賃収入でちょっとだけ生活が潤うならいいかなぁと思います。

ただし、橘玲という人がお金持ちになれる黄金の羽根の拾い方という本で、
「ワンルームマンションほどバカな投資はない」

と言い切っています。
「ワンルームマンション投資がそんなに有利なら、業者はなぜ、他人に売却してしまうのでしょうか?」

確かに、東京など大都市では「膨大な数の不動産業者がおり、誰もが収益機会を求めて必死になって」いるとは思います。
しかし、別の見方をすれば、事業としてある程度の規模に展開するにはリスクに耐えうるだけの経営力と潤沢な資金力が必要なわけで、バブルがはじけた後に焦げ付いた不動産で痛い目をみた銀行が、そのような潤沢な資金を提供しようとは考えないとも思うのです。
個人向け投資型マンションであれば、たったの1室から投資を始めることができます。その管理はマンション管理会社に全て委託し、管理コストとして手数料を払えばOKです。これが業者となれば一部屋ずつとはいかないでしょうから空き室のリスクも一室にくらべて大きいでしょう。

ただ、これだけで年金代わりに、というのはちょっと考え物です。
天災や人災などで建物が壊れたり、借主が部屋を破壊したり、「いわく」をつけたりすれば価値が著しく下がることになるわけで、安穏と老後生活はおくれないような気がします。
もちろん、ローンをあまり組まずに2~3部屋を運用できれば、悠々自適くらいにはなるかもしれませんね。

橘氏はどうせやるならREIT(リート:不動産投資信託)にしろ、と述べています。
確かに投資信託ならかなり安心は安心ですが、利回りは下がるしほとんど人任せになってしまうので面白くはないでしょうね。

いずれにせよ不動産投資は小額投資ではないのでやるなら慎重に慎重を期すことがもっとも大事なこと。もう少し勉強を重ねてじっくり検討したいと思っています。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-06-08 23:28
<< スゴ録。 GIANT復活計画。 >>