のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


やっと勉強開始。

ネットワークスペシャリスト試験も終わり、1週間かけてリフレッシュ(といっても仕事で忙殺だったが(^^;)したあと、本格的に中小企業診断士の勉強を開始した。

TACのWeb講義なのでいつでも始められる。
こま切れな時間をつなぎ合わせ、ようやく第2回まで聞き終えた。
で、サブノートなど作ってみたが、やはり時間がかかるなぁこれ。
しかし、つい数日前に聞いたことをもう忘れていたりするので、ノートにしろカードにしろ、何か見直して頭にインプットするためのツールが必要であるのは確か。

これには「メモリーツリー(ドラゴン桜から)」あるいは「マインドマップ(頭の取り扱い説明書)」を活用して行こうと思う。
主にマインドマップは2年前くらいにこの本を買ってやってみたのだが、行や場所にとらわれることなく、思い出した順番にとりあえず書いて、関係のあるキーワードをにょろっと結んだり、覚えたい事柄を絵で書いたりして強調するだけでいい。頭の中を整理するのにちょうどよいのだ。(ただ最近はだんだん面倒になって使っていなかった)
たとえば、よく使うのは議事録を書く前の下書きとして。数時間に色々な事柄を大小問わず説明を受けたりしたとき、頭の中は新しいキーワードや手法の活用方法等でごちゃごちゃになって整理できてないので、とりあえず思い出した順番に羅列したくなるのだが、ただノートにそのまま書き出すと整理するのが面倒になる。マインドマップで書き出すと整理する必要があまりないので楽だ。
その後、議事録は全部出尽くしたメモを元に整理しながら書くことが容易にできるようになる。
(書き漏らしがないかどうか、記憶をたどるのも割と楽にできる)

あと、マインドマップやメモリーツリーは絵とか場所とかで覚えるのに効果的だそうなので、むしろ適当な場所に書いたり、関連の強い用語とかをそばに書いたりして覚えられそう。
もちろん、カード回しと同様に、何回も目を通してインプットしないと効果ないけど。

ちなみに、マインドマップやメモリーツリーは言い方や書き方がちょっと違うだけで本質的にはまったくおんなじ物だと私は思う。
そんなことより、いかにこれを活用できるかが重要。記憶力には自信があまり無いほうなので積極的にツールを活用して覚えて行きたい。

ちなみにA4サイズのグリッドのついた割と安めのノートを購入して書き始めた。
白紙が良いとされているが、まぁあんまり売ってないし、これでいいや。
問題はいかに覚えるかだしな。罫線に心をとらわれなければ問題ないのである。
[PR]
by tsuyodrive | 2004-10-27 02:37 | 中小企業診断士
<< 追いつかない。 台風23号(トカゲ)。 >>