のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:ラリー( 8 )

ラリー及び車の話は。

みんカラにジャンプ。
[PR]
by tsuyodrive | 2006-04-24 03:24 | ラリー

友達がS204をげっちゅ!

でらかっこいい。
しびれる。
さいこー。

こんどのせてもらおっと。
フライング納車されたS204
[PR]
by tsuyodrive | 2006-02-06 02:16 | ラリー

ラリーコンピュータ。

知人より、古いラリーコンピュータをもらった。
RP-88という名のラリーコン。
とにかくものすご~く古くて、どうすれば良いのか見当もつかない。
とりあえずラリー屋さんに相談しにいった。

※ラリーコンピュータは、ナビ(コドラ)が競技中に利用するもので、詳しくは次の説明を読んでください。(自分でも全部説明できないので)
ラリー:Wikipediaの説明

まず、「センサー」がついていなかった。
車速を測るものらしい。よく分からないコードが何本か出ているが、「同じ型のセンサー」ならもしかしたら接続できるかもしれないとのこと。

てゆーか、「RP-88は初めて触りました」と店員さんに言われ、『俺もです』と心の中で思った。
これが動かないとなればあきらめて、「JX555(EX)」という機種の中古を狙うのが良いとのこと。
しかし、5万円くらいするみたいなのでできればこのRP-88が動いてほしい。

近々ラリーセミナーなる講習会があり、それにエントリーすることになった。
「それまでに宿題を出しておきます」と次のキーワードについて下調べしなければならない。

ラリーコンって難しい・・・
[PR]
by tsuyodrive | 2006-02-06 00:33 | ラリー

我が家の車事情。

昨年末、大好きなインプレッサを手放し、2台の車を購入しました。
1台はトヨタ・ラクティス。
もう1台はスターレット(EP82)です。

まー色々と経緯があるのですが、ブログではよー書けない内容となってしまうため割愛します。

ラクティスは昨年10月にデビューしたファンカーゴの後継車種で、CVT7速パドルシフトのついた先進的AT車です。ファミリーカーとしてはなかなか便利な車で、何より妻が運転できるのがポイントです。

もう一台のスターレットは、かな~りスペシャルな車です。
ラリージャパンに参戦したとあるショップから、格安のお値段で譲っていただきました!
そのチームでは、2005年までスターレットEP91で参戦していたので、レッキ車がEP82でした。
なるべく同じような仕様の車であるほうが、レッキ時に本番の練習となるそうです。
で、2006年からランエボでの参戦予定ということで、スターレットが余ったとのこと。
本番車はデモカーとなるでしょうが、レッキ車は・・・ということで、タイミングというか運が良かったというか、非常にスペシャルな一台が我が家にやってきました。

この2台の車のさらに詳細な内容は少しずつ明かしていくことにします。
[PR]
by tsuyodrive | 2006-01-23 03:03 | ラリー

北海道旅行レグ3:大雪山・層雲峡

レグ3は層雲峡・大雪山黒岳に行ってきました。

(詳細は後ほど)
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:34 | ラリー

ラリージャパン2005レグ2

今年はレグ2を見るつもりはあまりなかったのですが、道草ついでに観戦してきました。

阿寒ビューホテルで朝ごはんをいそいでかっこんで、8:30出発。釧路へ。
和商市場で蟹を買って送ったり、海鮮を選んでどんぶりに載せて食べることのできる「勝手丼」を喰ったり、あさりらーめんを喰ったりしました。
いやもうたまりまへん。
友人は勝手丼を2杯も頼んでました。

その後、宿泊は大雪山のふもと、層雲峡にしてあったので必然的に足寄や陸別を通過していくことになります。(まぁ最初からそのつもりでしたが)当然リエゾン(ロードセクション)でラリーカーを見れるようなコースを選択して宿泊先を目指します。

いつのまにかグロンホルムのファンになっていた妻が本人に会えなくてちょっと残念がっていたこともあり、時間的に陸別のSSのスタートに間に合いそうだったので、SS終点のタイムコントロールに陣取って、タイムアタックを終えた選手達を出迎えることにしました。
b0028470_158351.jpg

次々にワークスのラリーカーがTCへやってきます。
「マーカス!!」友人が叫ぶと、マーカスがこっちを振り向いてくれ、妻は生のマーカスと対面することができたのでした。(私といえばTCで停まる車をシューティングするのに夢中でした)

陸別を出発したのが5時ごろ、層雲峡に着いたのが結局8時ごろでした。
道中かなり真っ暗な道が続き、結構運転するのが大変です。
(と言いつつぐーすかぴーでしたが 苦笑)
宿に着くなりなんとなくTVを見て(一度つけたらなんか気になる内容でみちゃいました)、
近くのラーメン屋で夕食。その後どうやって寝たかよく覚えていません・・・。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:33 | ラリー

ラリージャパン2005レグ1

今年も結局(?)ラリージャパン観戦に行ってきました。
今年は「中小企業診断士を受けるから・・・」という理由でRJ観戦はあきらめていたのですが、1次試験で落っこちて、2次試験とりあえず関係ないし、友人が家族旅行にかこつけて見てくるというのにつられて「じゃ俺も!!」というノリで、観戦することになりました。

今年は妻も一緒に。妻にはぜひラリー観戦の面白さを生で感じてもらおうと思っていたし、釧路の海鮮丼や帯広の豚丼の味をぜひ堪能して欲しいと思っていました。

0日目、つまり出発の前夜は早く仕事を終えて帰宅しようと思って頑張っていたのですが結局22:00まで残業。妻もさらに遅くまで仕事していたため、準備に追われてほとんど徹夜です。風呂で30分寝ただけ。
1日目はセントレアの朝の便で新千歳へ、そのあと友人と合流してレンタカーで帯広へ。
今回のレンタカーは日産キューブでした。
キューブは個人的にデザインがいいなと思いますが、やはりパワーは今ひとつです。
とりあえず眠いので土産やさんでユンケルを飲む。ユンケル効くなー!!ぜんぜん眠くなることがありませんでした。その間、妻はもちろん爆睡、友人も仕事か何かで徹夜明けで、リアシートで爆睡です。

帯広へ着いたらまず「ぱんちょう」で豚丼を喰う。
松・竹・梅・華の中で「華」を注文。どんぶりからわざとはみ出て盛り付けられた豚丼に圧倒。
記念写真を撮って食べた味はもうなんともいえずうまい!香ばしい!肉が柔らかい!

もう一人の友人と合流して、4人で札内SSSへ向かう。前回同様、幕別Pからシャトルバスで移動。
札内SSSではレグ1最後のSSが始まるというところでした。
往年の名車が走っていましたが、昔のラリーはあんまり見たことがないため、ふぅーんという感じ。見る人が見たらよだれものだったようですが。
陣取る場所を探していたところ、スタートがまじかに見ることができるポジションをゲット。
意気揚々と乗り込んでくるラリーカーに、気分は一気にハイテンション!!
妻はデュバルの巻き上げた石とバックファイアにびっくり!いい経験したなぁ・・・
ソルベルグとローブの一騎打ち、ソルベルグが最終コーナーでガードレールにあてながらクリアしてゴールする様に一同大興奮でした!
b0028470_224247.jpg

夜の撮影は苦手です・・・

PCWRCの途中まで見た後、北愛国サービスパークへ移動。
しかし時すでに遅し?でドライバーは帰った後だったようです。
妻はマーカス・グロンホルムのファンになっていたようですが、会えずじまいでした。
(しかし、このことが翌日の運命の出会いへと結びつくことになります。)

夕飯も別の店で豚丼を喰らい、宿のある阿寒湖へ移動。
さすがにユンケルパワーも切れ、私は1時間半以上爆睡状態でした。
ドライバーやってくれた友人に感謝です。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:32 | ラリー

2004年WRCが幕を閉じた。

今日オーストラリアラリーをTVで見た。
サインツが最後の華を飾れず、レッキ中にリタイヤ(っていうのかな)してしまった。
あちゃー。
他のワークスドライバーも次々とリタイヤしてしまった。
つまらない結末。
盛り上がりの欠けるラリーとなってしまった。

福井敏雄さんも番組内でおっしゃってたが、FIAのやり方がどうなの、って思う。
ワークス2人まで、とかタイヤレギュレーションとか、ポイント制の変更とか。
F1でもそうだけど、レギュレーションを頻繁に変更してやりたい放題。
それもなんかつまらない方向へ変更するのが好きなのか、現にそうなっている。

ワークス8台はやっぱつまらないですよ。
ドライバーも育たないし。もっと多くのドライバーがエントリーしないとねぇ。
30台くらいワークスで出たほうがおもしろいと思うんだけどな。
もちろん、コスト削減、話はわかるけどさ、エンターテイメントなんだから興味をそぐような真似してたら悪循環にはまるだけのような気がする。
たとえばスバルやスズキなんかはラリージャパン特需とかあるだろうし、
べつにコスト削減策なんて打つ必要はないと思う。むしろ積極的に参加し、青と黄色の強烈なインパクトをカスタマーに与えることができれば、利益に繋がるじゃないですか。

そもそも、コスト削減策をFIAが提案しなくても良いと思うのだが。
内政干渉というか、よけいなおせっかいなんじゃないのかな・・・。

で、来年はプジョーとシトロエンがそろって撤退。
となるとフォードとスバルだけ?になるのかな。三菱はどうなるのか。
これでWRCといえるのか。
Works Reduce Cost の略になったりして(一応オチですorz)
[PR]
by tsuyodrive | 2004-11-22 02:59 | ラリー