のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

だめだ、眠いぞ経営法務ぅ。

今日は第5回目を聞いているが、またしても眠い。眠い時間帯にやっているという事情も手伝い、強烈ですかなり。なんでこんなに眠くなるのかと考えてみて、おそらくこのI講師は広い範囲を満遍なく伝えようとし過ぎなのではないかという感じです。
テキストには図が少なく、法律関係の説明だけあって文章がやや硬く論述的になっています。これを抑揚なく一気に読むようなやり方なので、早口でかつ要点がどこにあるのか分かりにくいということがいえるかと。もちろん、どうでも良いところ(試験対策上不要な箇所)は読み飛ばしているのだけれど。
メインの先生はS先生といいますが、S先生はもっとはっきり読みます。アンダーラインを引くところだけを読んで、それ以外は全部自宅で読め(私の場合はいつも自宅だけど)となります。レジュメなどの図を活用したりしてテキストの文章をあまり読まずして説明することが多いのです。

批判ばかりしてもしょうがないですが、今度自分が何かを教える機会に恵まれたとき、テキストと図をうまく使って、いかに相手を飽きさせない、あるいは眠らせないようにするかを考えて挑むようにしたいと思います。
⇒手帳に書いておこう。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-04-07 02:31 | 中小企業診断士

意匠権・著作権・・・ねむー。

経営法務の第4回講義は、本当に眠かった。
てゆーかモニターの前でほとんど寝てました。
なにやってたんだろ。
3回くらいよだれをふきましたけど
テキストはほとんど図のない文章の羅列、講師も黒板をほとんど使わずに読むだけという、状態。やっぱなんとか法の勉強ってツライのひとことです。
まず、全体的な説明やどんなときにどんな法律を使うかなど、ある程度頭の中でイメージをつけてから、そのイメージに対して用語を「肉付け」するような勉強の仕方をしないと、いきなり飛び込むと単に寝るだけになっちゃうかも・・・。

とにかくこの辺試験に出ても点数とれないですたぶん。難しくないけど覚え切れない。
捨てていこう。
逆に会社を経営したり助言するに当たって必要な知識はどれなのかを見極めるようにしていこう。
(本当にどれが要るのか分からない状態だけれども)
[PR]
by tsuyodrive | 2005-04-05 01:43 | 中小企業診断士

春ですね。

サクラの開花宣言も出たし。
街を歩く女の子も春物きてるし。
たまに強風吹くけど自転車気持ちいいし。
今まで長いことやってきた仕事も一区切りしたし。
職場に新しい仲間が増えたので、新しい編成で席替えもしたし。

なんとなくですが、春だなぁっていう感じがして、ちょっと楽しいです。

よ~し
[PR]
by tsuyodrive | 2005-04-01 23:25 | 仕事

初めて読んだドラッカー。

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ! はじめて読むドラッカー (マネジメント編)

ドラッカーの本、1冊ようやく読み終えました。
だんだんと面白くなっていき、次に読む「はじめて読むシリーズ」が楽しみです。
全部で3冊あるらしいです。

これを読み終わったあと、自分も何か事業を興して成功したら分社化・独立したい、と考えるようになりました。もう少ししたらもう一度読み返し、ポイントを手帳に書いて事業を興すノウハウとしてチェックリストを作成しておこうと思います。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-04-01 02:54 | 仕事

Templateパターン。

デザインパターンのなかでも、テンプレートパターンと呼ばれるパターンはコード量削減という観点から見るととても強力なパターンです。
特に、ちょっとずつ違うのだけど、全体の処理はほとんど同じというコードをメソッド毎やオブジェクト毎にコピーしてはちょっと直す手法で大量生産するというコーディング方法がとられていたことを考えると、このパターン導入は画期的なコード量削減効果を生むはずです。

しかし、要請もないのに既存コードに手を加えるということは絶対にしないでしょう。目先のコストが増えることなど絶対にやりません。もちろん、長期的に眺めたら、保守コストが減らないという状況に陥る確率は高そうです。

デザインパターンはそれまでオブジェクト指向言語を使いながらも、Cのような手続き型言語に慣れきってしまった開発者や、すでにたくさんの機能を作ってしまった後で今更ガイドラインを直すのかという事情に対しては適用しにくいだろうな、と考えていました。
しかし、新しいプロジェクトで私がこれを提案し設計を開始したところ、隣で見ていた同僚が上述の既存プログラムの改善時に、このパターンを使ってみたいと言い出しました。

彼はチームの中では技術力も発言力もある人間で、もしかすると、無駄をはき切ったコードの山に立ち向かうだけの知恵と勇気を他のメンバーにも展開してくれるかもしれません。

デザインパターンの実力をすぐに知りたい人は、簡単かつ強力な、この「テンプレートパターン」を試してみるとよいと思います。

私も、今遂行中の新たなプロジェクトが一区切り付くころには、どの程度の削減効果があったのか概算してネタとして保存しておこうと思います。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-04-01 02:46 | デザインパターン