のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
中小企業診断士
ネットワークスペシャリスト
情報処理技術者試験
デザインパターン
ラリー
仕事
自転車
会社
バスケ
カート
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひさびさのカート。

仕事仲間で友人でもあるフランス人Cとその同僚Bをカートに誘ってみました。
仲良くカプチーノに乗って登場です。
カプチーノはカートに次いで小さな車で、ほんとクイックに曲がりますな。

彼らは前回コースライセンスを取得したので、すぐにでもコースインできるのですが、
・レーシングスーツがない
・Cのサイズがでかすぎて(185cm以上)、シートに入らない

という問題がありました。
今回は作業着を買ってきてもらい、シートの問題は古いカートからパーツ取りして、足の長いCでもペダルワークができるようにシートの位置を後方に下げてみました。

しかし、買ってきた作業着が全然小さく、入らない。
奔走した結果、3kmほど離れたところにあったワークマンで、3Lの作業着を手に入れることができました。Cは礼儀正しい好青年で、我々が自分のために走れないことをすごく悔やみ、「もうこれ以上は大丈夫、心配しないで!」と言っていたのですが、私は日本で自分のサイズにあった服を探すのは苦労するだろうと思い、今日この日に手に入れないとタイミングを逸するだろうと考えて無理やり彼を引っ張ってワークマンまで連れて行ったのでした。
カタコトの英語とはいえ、そうやって問題を解決できたのはむしろ楽しかったですね。
彼も念願のカートに乗れて、少ない周回数だったけど大満足げでした。

ちなみに彼の初めてのタイムは48秒。わたしが38秒台であることを告げると
10 seconds behind !! 10 seconds !! と終始愕然としてました(笑)。
まぁこれから練習を積んで早く追いついてね。
b0028470_1193279.jpg

[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-28 00:56 | カート

白書。

しまった。中小企業白書を日ごろから読んでおくべきでした。
「中小企業経営政策・助言理論」という科目は、はっきり言って80%が暗記物というか、白書の内容について問われるらしいです。白書は何ページあるかよく分からないですが、結構な分量あります。

私は2004年版(じゃないと試験対策にならない)を買いそびれてしまったので(政府刊行物のため?GW明けには2005年版に切り替えられてしまうそうです。確かに本屋さんになかったな)、
中小企業庁のページを見るしかなさそうです。
ここに来てさらに白書を読む時間を増やさねばならないとは。
かといって、仕事中には見れないし、昼休みは問題集の時間に充てているので、やっぱ土日の勉強時間増幅しかないかなぁ。朝の30分を充てるというのは良さそうですが、まず起きれません(;ω;)

まぁ時間を無駄に使うわけにもいかないので、選択と集中で。
(1)TACの講義である程度圧縮して説明してくれるので、そこは読む。
 ⇒第1部1章と、第2部全体を重点的に読む。地域の動向はまーいいや。
(2)事例は具体的なイメージを残せそうなので、ここも読む。
(3)施策・政策についても読む。
(4)キーワードとその周辺を手帳にメモって覚える。

※一応断っておきますが、
 これは私の試験対策であって、他の人にオススメできるものではありません。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-19 00:58 | 中小企業診断士

OpenGL。

5月から仕事の内容が変わり、CATIAのカスタマイズ開発から新しい分野への挑戦をすることになりました。
新しい分野といっても、CAD/CAM/CAEの範疇に変わりはないのですが。
得意?のOpenGLを使って図形をいかに描画するかという内容です。さすがにここから先は企業戦略の部類に入るので詳しく話すことはできませんが、OpenGLはちょうど4年前くらいに集中して開発を行ったのでまた出戻りといった感があります。

CATIAのようなしっかりとした基盤の上でやるのも色々と勉強になりましたが、OpenGLのようなハードウエアも少し視野に入れながら進めるプリミティブな業務の方が割りと好きだったりします。

さて、今回の業務はかなりユーザー要望がキビシメであり、どの程度達成できるかやってみないとなんとも言えない部分が多いというシロモノです。ただし、どうやらしばらく一人での作業となりそうなので、デザインパターンなどを駆使しながら効率の良いプログラミングを目指したいと思います。
管理職になったのにメンバーがいないというのはちとさみしいですがしばらく辛抱ですね。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-17 01:42 | 仕事

新卒採用面接。

新卒採用の面接官をやれ、と言われて土曜日丸一日面接官をやりました。
最近は企業がようやく息を吹き返し、新卒採用を控えていた企業も雇用に乗り出しているようです。
うちの会社は従業員300人程度の中堅企業ですから、学生にとっては第一志望群のひとつという思われ方になることが多いようです。
しかも、今年は当社の会社説明会に足を運ぶ人は非常に少ないらしく、雇用活動は非常に厳しい局面を迎えています。仕方がないのでリクルートなどの合同会社説明会に参加コストを払って参加するしかないようです。我々からメッセージを発しない限り、無名企業の雇用活動は成功しないでしょうね。

昨日は11人の面接を行いました。とびきりのピカイチから、どうしようもないやつまで幅広くやってきましたが、これらの人たちに全て内々定を出したとしても、内定から採用に漕ぎ着けることのできるのは半数以下だそうです。

採る採らないの判定には、結局「直感」と「自分の下で働いて欲しいか」の二つで判断するしかないようです。しかし、はっきりとそれが区別できるためにはたった一回の面接では判断のしようがない人のほうが多かったりします。アウトプットの多い人は分かり易いので、だめだなと思ったらすぱっと切ってしまえるのですが、アウトプットの少ない人が一番判断に困ります。

日ごろアウトプットの多い人の方がSEとして使えるのは言うまでもありません。じゃぁアウトプットが多いやつだけに絞ればよいというかというとそうではなく、アウトプットが今少なくても鍛えれば(アウトプットを多くするように指導すれば)よい人材へと成長を遂げるやつも少なくないのです。

アウトプットが少ないやつは総じて大企業の面接では落とされるかもしれません。しかし、中には鍛えりゃ使えるのが埋もれているはずで、我々中小企業はそこを狙って行きたいところです。

ただし、これはもはやギャンブル性の高い選択になってしまうことも否めません。ギャンブル=投資とみなし、自社の安定成長のために一定の投資を行うことは避けられない、といったところでしょうか。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-15 18:11 | 仕事

あと3ヶ月切りました。

GWも今日で終わりです。
GW中は経済学・経済政策のWeb講義とオプションゼミ(教室講義)を中心に勉強しました。とはいえ、やるつもりだった量の半分以下くらいしかできてないように感じます。
あと、3ヶ月を切りました。明日から一次試験日直前までいったいどれくらい勉強時間が取れるのか、分単位で見積もってみたのが下記の表です。

表を見る
[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-09 02:38 | 中小企業診断士

フラ語挑戦。

何を思ったか、いきなりフランス語にチャレンジしてみようという気になりました。
昨日本屋さんでフランス語の入門書(CD付き)を購入し、さっそくMP3に落として休憩時などに聞くようにしています。

フランス語、なんか新鮮でおもしろいです。
<r>の発音が難しいですが、なんとなくできると、(あー、フランス語なんかこんな感じかも)と思ってちょっと嬉しくなります。
<r>の発音はラリルレロではなくて、むしろハヒフヘホなんですよね。もっと言うとフガフガいいながらハヒフヘホというとちょうどよいというか(入門書には痰を吐くときの音って書いてありました(笑))。
Air Franceとか、résistanceとかはなかなか難しいです。
でもmerci(メフスィ:メルシー)はできるようになったかも。

ある程度練習したら、早速仕事仲間で友人のフランス人に聞いてもらおうと思います。
いきなりうまい発音で話しかけたらさぞびっくりするでしょう。(下手だったらハァ?って思うだろうけど)
[PR]
by tsuyodrive | 2005-05-06 05:07