のんちゃん。あーい。
by tsuyodrive
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北海道旅行レグ3:大雪山・層雲峡

レグ3は層雲峡・大雪山黒岳に行ってきました。

(詳細は後ほど)
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:34 | ラリー

ラリージャパン2005レグ2

今年はレグ2を見るつもりはあまりなかったのですが、道草ついでに観戦してきました。

阿寒ビューホテルで朝ごはんをいそいでかっこんで、8:30出発。釧路へ。
和商市場で蟹を買って送ったり、海鮮を選んでどんぶりに載せて食べることのできる「勝手丼」を喰ったり、あさりらーめんを喰ったりしました。
いやもうたまりまへん。
友人は勝手丼を2杯も頼んでました。

その後、宿泊は大雪山のふもと、層雲峡にしてあったので必然的に足寄や陸別を通過していくことになります。(まぁ最初からそのつもりでしたが)当然リエゾン(ロードセクション)でラリーカーを見れるようなコースを選択して宿泊先を目指します。

いつのまにかグロンホルムのファンになっていた妻が本人に会えなくてちょっと残念がっていたこともあり、時間的に陸別のSSのスタートに間に合いそうだったので、SS終点のタイムコントロールに陣取って、タイムアタックを終えた選手達を出迎えることにしました。
b0028470_158351.jpg

次々にワークスのラリーカーがTCへやってきます。
「マーカス!!」友人が叫ぶと、マーカスがこっちを振り向いてくれ、妻は生のマーカスと対面することができたのでした。(私といえばTCで停まる車をシューティングするのに夢中でした)

陸別を出発したのが5時ごろ、層雲峡に着いたのが結局8時ごろでした。
道中かなり真っ暗な道が続き、結構運転するのが大変です。
(と言いつつぐーすかぴーでしたが 苦笑)
宿に着くなりなんとなくTVを見て(一度つけたらなんか気になる内容でみちゃいました)、
近くのラーメン屋で夕食。その後どうやって寝たかよく覚えていません・・・。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:33 | ラリー

ラリージャパン2005レグ1

今年も結局(?)ラリージャパン観戦に行ってきました。
今年は「中小企業診断士を受けるから・・・」という理由でRJ観戦はあきらめていたのですが、1次試験で落っこちて、2次試験とりあえず関係ないし、友人が家族旅行にかこつけて見てくるというのにつられて「じゃ俺も!!」というノリで、観戦することになりました。

今年は妻も一緒に。妻にはぜひラリー観戦の面白さを生で感じてもらおうと思っていたし、釧路の海鮮丼や帯広の豚丼の味をぜひ堪能して欲しいと思っていました。

0日目、つまり出発の前夜は早く仕事を終えて帰宅しようと思って頑張っていたのですが結局22:00まで残業。妻もさらに遅くまで仕事していたため、準備に追われてほとんど徹夜です。風呂で30分寝ただけ。
1日目はセントレアの朝の便で新千歳へ、そのあと友人と合流してレンタカーで帯広へ。
今回のレンタカーは日産キューブでした。
キューブは個人的にデザインがいいなと思いますが、やはりパワーは今ひとつです。
とりあえず眠いので土産やさんでユンケルを飲む。ユンケル効くなー!!ぜんぜん眠くなることがありませんでした。その間、妻はもちろん爆睡、友人も仕事か何かで徹夜明けで、リアシートで爆睡です。

帯広へ着いたらまず「ぱんちょう」で豚丼を喰う。
松・竹・梅・華の中で「華」を注文。どんぶりからわざとはみ出て盛り付けられた豚丼に圧倒。
記念写真を撮って食べた味はもうなんともいえずうまい!香ばしい!肉が柔らかい!

もう一人の友人と合流して、4人で札内SSSへ向かう。前回同様、幕別Pからシャトルバスで移動。
札内SSSではレグ1最後のSSが始まるというところでした。
往年の名車が走っていましたが、昔のラリーはあんまり見たことがないため、ふぅーんという感じ。見る人が見たらよだれものだったようですが。
陣取る場所を探していたところ、スタートがまじかに見ることができるポジションをゲット。
意気揚々と乗り込んでくるラリーカーに、気分は一気にハイテンション!!
妻はデュバルの巻き上げた石とバックファイアにびっくり!いい経験したなぁ・・・
ソルベルグとローブの一騎打ち、ソルベルグが最終コーナーでガードレールにあてながらクリアしてゴールする様に一同大興奮でした!
b0028470_224247.jpg

夜の撮影は苦手です・・・

PCWRCの途中まで見た後、北愛国サービスパークへ移動。
しかし時すでに遅し?でドライバーは帰った後だったようです。
妻はマーカス・グロンホルムのファンになっていたようですが、会えずじまいでした。
(しかし、このことが翌日の運命の出会いへと結びつくことになります。)

夕飯も別の店で豚丼を喰らい、宿のある阿寒湖へ移動。
さすがにユンケルパワーも切れ、私は1時間半以上爆睡状態でした。
ドライバーやってくれた友人に感謝です。
[PR]
by tsuyodrive | 2005-10-10 12:32 | ラリー